アメリカのマネーオーダー(Money Order)の書き方・買い方

money-order

こんにちは。アメリカ中西部で放置系駐在員をしているKhyle(カイル)です。

新居の契約申請が通った後、リース会社から『入居までにやってねリスト』が届きました。ユーティリティー(Utilities; 公共料金のこと)や鍵の受け渡しなどのタスクの中に、非常に戸惑った一文を見つけました。

初回家賃は現金・クレジットカード・デビットカードは禁止!Money OrderかCasher’s Checkで支払ってね

マネーオーダー??キャッシャーズチェック??初めて出会った英語単語でした。何をすれば良いのか全くわからず焦りました。。

知っていれば全く難しい事はないのですが、「初めて聞いたよ!」という方は必見です。後半で実際のマネーオーダーの画像付きで書き方例を載せています。

この記事はこれらの方々に役立つと思います。

  • アメリカでマネーオーダーを要求されたけど何のことだか分からず焦っている人
  • アメリカで初めて賃貸契約をする・しようとされている人
  • マネーオーダーの書き方・買い方が分からない人
目次

マネーオーダー(Money Order)ってそもそも何?

マネーオーダーは「金券」みたいなものです。支払者が金券を購入(=費用の先払い)して相手に渡し、受領者は後で換金することができます。

小切手と間違われる方もいるようですが、小切手とは別物です。

マネーオーダーが使われる背景ですが(調べた上での自分なりの見解ですが)、 様々な人種や生活水準の人がいるアメリカなので、例えば賃貸物件の貸し手(=リース会社)は「その人が信用できるか」を十分に確かめて賃貸契約する必要があります。住み始めていきなり「クレジット残高ありません、支払いできるまで待って(その間は住ませて)」とか言い出す顧客は避けたいですよね。

また借り手(=入居者)の中にも、銀行口座が作れない・クレジットカードが発行できない生活水準の低い人も当然いて、それでも生活するためになんとか住居を借りなくてはなりません。

このような「信頼度の低い間柄での初回取引」では、貸し手は第三者が発行する金券で初回支払いを指定し、借り手の支払い能力があるかを確かめています。

マネーオーダーが必要になる時ってどんな場合?

私自身は引越しした際、新住居のリース会社に初回家賃やセキュリティ・デポジット(Security Deposit; 敷金のこと)の支払いで要求されたことがあります。

上記以外にはまだ要求された事はありませんが、例えば何かしら代金支払いの際、銀行手数料などを節約したい場合に振込ではなくマネーオーダーが使われることもあるそうです。

マネーオーダーが購入できる場所

いろんなところで購入できます。例えば以下のようなところで販売されています。

  • ウォルマート(Walmart:アメリカ最大手のスーパーマーケット)
  • CVS(アメリカ大手の医薬品ストア。日本のマツキヨみたいな)
  • 地域の中規模小売店(例:中西部のJewel-Oscoというスーパーマーケット)
  • USPS(United States Postal Service; アメリカの郵便局)

店舗内のサービスカウンターで注文・支払いすればその場ですぐ受け取れます。

マネーオーダーの種類

スーパーマーケットでは基本的にこの2つのどちらかのマネーオーダーが購入できます。

  • ウェスタンユニオン(Western Union; アメリカで取扱店舗数1位の会社)
  • マネーグラム(Money Gram; アメリカで取扱店舗数2位の会社)

どちらを購入しても使い方は変わりません。

また、USPS(アメリカ郵便局)でも購入できます。購入時にそのまま郵送できるので、すぐ送ってしまいたい時は便利かもしれません(配送中の紛失リスクはありますが)。

money-order-1
実際に購入したWestern Unionのマネーオーダー

マネーオーダーの購入方法

非常に簡単に購入できます。ただし、いくつか注意点があります。

購入手順

  1. サービスカウンターでマネーオーダーを注文する
  2. いくら分が欲しいのかを伝える
  3. 支払い方法を伝える
  4. 金額を支払う
  5. マネーオーダーを受領する

以上です。とても簡単です。 なお、各小売店では発行手数料に$1〜2くらいかかります。

購入時の注意点

  • 購入時は現金かデビットカードしか使えません。クレジットカードは使用不可です。
  • 1枚あたりの上限金額があります。1枚あたり$500までしか注文できない小売店が多いです。ウォルマートなら1枚あたり$1000まで発行できます。

私は新居の賃貸契約に$300と$900の2枚が必要になりウォルマートで購入したのですが、合計3回も来店しました。なぜかと言うと、1度目はクレジットカード使用不可を知らず、2度目は手持ちのデビットカードが使えず、3度目の現金持参でようやく購入できました(笑)

ただし、ほんの少しの間とはいえ現金で$1000以上も持ち歩くのは、犯罪の多いアメリカではリスクが高いです。できる限りデビットカードを使うことをお勧めします。

マネーオーダーの書き方・提出方法

提出する前にマネーオーダーに必要事項やサインの記入が必要です。 複雑な点はありませんが、書き間違えると受理してくれない場合があるので、不安な方は持参してリース会社に確認しながら記入・提出した方が良いです。(私は引越し時に、住所欄は新住所と旧住所のどちらを書くか迷いました)

マネーオーダーの書き方

money-order-2
  1. 「PAY TO ORDER OF」に支払先の社名や名前(例:リース会社名)を記入する
  2. 「PURCHASER’S ADDRESS」に自身の住所を記入する
  3. 「PURCHASER’S SIGNATURE」に自身のサインを記入する

以上です。簡単ですよね。

「PAYMENT FOR/ACCT.#」は管理番号みたいなもので、指定がなければ空欄でOKです。

マネーオーダーの提出方法

相手先が指示すると思いますが、直接手渡しするか、郵送するかのいずれかです。

ただし、「マネーオーダー=換金可能な金券」なので、高額な場合は紛失リスクが高まります。USPSでは発行時に保険かけて送付することもできるみたいです。

(私の引越し時は、リース会社に確認したところ、直接持参しなければならなかったので手渡ししました)

まとめ

初めて目にした人の中には(私みたいに)かなり戸惑う人もいると思いますが、知っていればなんてことない、ただの「金券」なので、ぜひこの記事を参考にして購入・提出してみてください。

  • マネーオーダーはプリペイド式の金券みたいなもの
  • 大手スーパーマーケットやドラッグストア、郵便局であればどこでも購入可能
  • 相手先名、自分の住所、サインを書けば完了

Thanks!

money-order

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェア!
  • URLをコピーしました!
目次