【トイレの青いシミ】置き型洗浄剤の跡の消し方【inアメリカ】

toilet_cleaning

こんにちは。アメリカ中西部生活も2年8ヶ月が経ちました。私生活では色々な進展があり引越し準備中なのですが、厄介な作業が待ち構えていました。

そう、退去時の掃除です。

A型かつシンプルさが好きなので物も少なく整理整頓は比較的できており、大胆な汚れはほとんどありません。 しかし、日常的な清潔さを求めたがゆえのダメージが。。

いわゆるブルーレットみたいな、トイレタンク内の置き型洗浄剤の青いシミです。

今回はトイレの青いシミとの格闘記録です。最後は勝ちましたのでぜひ参考になれば幸いです。

目次

青いトイレ用置き型洗浄剤のシミは手強い

アメリカでは、バスルーム・キッチン洗浄剤はCLOROX(クロロックス)というブランドが有名で、どのスーパーにも置いてあります。トイレタンク内に沈ませておくタイプを長らく使用していたのですが、目に見えて青いシミが残っています。(便器の画像で恐縮です。青いシミ以外はきっちり洗浄済みですので悪しからず)

toilet_before1

縁のねずみ返しになっている部分から青い筋が何本も。。

toilet_before2

このシミ、とにかく普通に磨いても全く落ちません。便所ブラシ、歯ブラシ、使い捨て型のペーパー、どれも全く歯がたちませんでした。 ひとまずネットで検索しまくり、Amazonでポチっては試して行きました。

トイレの青いシミとの格闘(全3戦)

第1回戦:市販のトイレ洗浄剤各種

行きつけのスーパーで販売しているトイレ・バスルーム用洗剤を一通り試しました。 左から、スクラビング・バブル、クロロックス(バスルーム用)、クロロックス(トイレ用ブリーチ)です。

clorox_scrubbingbubbles

結果はいずれも惨敗。青いシミ以外の汚れは一通り落ちてキレイなのですが、青い敵は一切の変化なしです。

第2回戦:重曹(ARM & HAMMER)

「“トイレ”、”青い”、”シミ”、”洗剤”」のキーワードで検索しまくり『重曹の洗浄力の凄さ』を理解した後、アメリカではARM & HAMMER(アームアンドハンマー)というブランドが洗浄用重曹で有名と知り、Amazonで購入して青いシミに挑みました。

armandhammer

結果はまたしても惨敗。期待値が大きかったせいか、洗浄開始序盤は「お、落ちてるかも!?」なんて錯覚していましたが、長らく磨いた後も大きな変化は見えず。 つけ置き洗いの容量で、汚れ部分にトイレットペーパーを置き、重曹溶かした水をしこたまかけて6時間くらい放置しましたが、全然変化なし。強敵です。。

私は粉末型の重曹を使いましたが、そのままトイレの冷たい水と混ぜると石膏みたいに固まります。トイレを流すと詰まって逆に大惨事になるかもと焦り、お湯を注ぎ続けなんとか溶かしました。お湯で溶かしてから使うことをお勧めします。

第3回戦:軽石(かるいし)(Pumice Stone)

万策尽きたかと諦めかけていましたが、「ここはアメリカだ。英語で検索したらもしや。。」と思い検索したところ、早速見つかりました。Pumice Stone Toilet Bowl Cleaner(Pumice Stone:軽石)という清掃用品で、軽石に柄を取り付けた掃除用品です。 Amazonでも写真付きレビューを投稿している人がたくさんいて、どれを見てもキレイに落ちていました(青いシミ以上に見た目が汚いシミが多かったです笑)

pumice_stone_toilet_bowl_cleaner

開封時に軽石の削りカスみたいなものが出るのでご注意を。

藁をもつかむ気持ちで購入し、いざ勝負の時。。約20分、磨き続けた結果がこちら。

toilet_after

ついに勝ちました!青いシミは消え、入居時同様のキレイなトイレに戻りました。

Amazonのレビューや商品の説明書きを見て「柄が折れやすい」「傷つけないように濡らしながら」などに気をつけながら序盤は慎重だったので20分かかりましたが、もっと短時間でも終わらせることはできた思います。

何はともあれ勝利!

アメリカの頑固な汚れ・シミにはPumice Stoneがお勧めです

他にもBBQグリルみたいな頑固な汚れにも使えるらしく(私は試していませんが)、使い道は意外とあるかもしれません。

ちなみに「なぜそこまでして」と思われるかもですが、古い建物ばかりのアメリカの田舎において珍しい築3年のアパートに住んでいるので、キレイな状態で退去しないと原状回復費用をぶん取られると心配になり、できる限りの手を尽くした次第です。

アメリカで頑固な汚れ・シミにお困りの方はぜひお試しを!

Thanks!

toilet_cleaning

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェア!
  • URLをコピーしました!
目次