【Craigslistが便利】アメリカで無料で引越し段ボールを入手する方法

moving_boxes

こんにちは。アメリカ生活3年目のKhyleです。今回も引越し関連のネタです。

引越し業者を探しながらボチボチ荷造りを始めないとなーと思い、引越し資材の見積りを取ることに。すると、、

「、、高い!」

偉い人の説教くらい止まらないアメリカのインフレで何もかも値段が高いんです。パッキンや段ボールなどの資材は目安価格でさえ、引越し業者に依頼すると総額$100超え(当時のレートで約1万2000円以上)と泣きたくなります。
削れるコストは削りたいので調べた結果、運よく近所で無料で段ボール提供している投稿をCraigslist(クレイグズリスト)で見つけました。

クレイグズリストって何?

聞いたことあるけど利用したことない、、

アメリカでは有名なサービスですが、初めて利用する時はやはり緊張しますよね。私も在米3年目なのにそうでした(笑)
そんな方のために、今回はCraigslistの使い方についての記事です。

目次

Craigslistとは?【案内広告のwebサイト】

Craigslist(クレイグズリスト)とはアメリカで有名な「案内広告のwebサイト」です。例えば紙媒体の新聞に「○○をお探しのあなた!」「△△が最短1日で完成!」みたいな広告がたくさん並んでいるページがありますよね。あれのweb版です。

craigslist
 出典:https://chicago.craigslist.org/より

私は無料の段ボールしか探したことがないのですが、他にもペットやイベントのコミュニティ、法律や会計関連などの相談サービス、業界別の求人情報など様々な案内広告が掲載されています。不用品をリサイクルしたり販売したりするメルカリみたいな一面もあります。

Craigslistの使い方

1. 欲しい物・サービスの投稿を探す

Googleで「Craigslist」「自分が住む都市・地域」「探しているもの」の3つで検索すると大抵見つかります。
試しに私は「craigslist」「Chicago」「cardboard box」で検索しました。

craigslist
 出典:https://chicago.craigslist.org/より

すると、GoogleはCraigslistは「Chicago近辺」の「moving boxes(引越し用ボックス)」という結果を示してくれます。多少いい加減な英語の検索でもナチュラルな英語での検索結果が表示されます。

2. 投稿の中から希望のものを選ぶ

表示された投稿の中から受け取り場所、価格、実物写真などを参考に希望のものを選びます。

受け取り方法は案件ページ内に記載されているので確認した方が良いです。「事前にこの番号に連絡してね」みたいなケースもあります。
私は運よく、一番近場に無料段ボールを提供する物流センターがあり、しかも「平日の○時〜○時までは営業中だから勝手に持っていっていいよ。事前連絡しないでいいよ」という投稿があり、英語力低い私はコミュニケーションを省くためすぐそこに決めました。

3. 受け取りに行く

記載された住所に受け取りに行きます。辿り着いたところは企業の物流センターがポツポツと建ち並ぶ地域だったのですが、

どう見ても営業しているように見えません。平日なのに駐車場がガラ空きで、出荷パースも全て閉まっています。。
とりあえず指定の出荷パースまでいくとドアに張り紙を発見し、「ノックしてね。不在時はここに連絡してね」とあり少し安心しました。

若干怖さはありましたが、無事に無料で段ボールを入手できました! (段ボールもらい過ぎたせいか、私の訪問後にこの広告は消えていました、、)

いかがでしたでしょうか?最初はドキドキしましたが、意外と簡単に終えられました。
私の案件は極めて簡単だったのかもしれませんが、他にも「○○を無料で探している」「△△を習いたい」といった時に利用できそうかなと感じました。

ただし、受け取り場所で不安を感じたのは事実なので、アメリカであることを忘れずにできる限りの用心はした方が良いです。

Thanks!

moving_boxes

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェア!
  • URLをコピーしました!
目次