海外の人から興味をもってもらえる日本人【マンガ・アニメ・ゲームが強い】

manga_anime

外国人の友達をつくりたい、海外の異性と付き合ってみたい、こんな関心(時には欲望)をもったことはありませんか?


親日感のあるアジア圏では(おそらくまだ)日本人は比較的興味をもってもらいやすいですが、欧米圏では決して簡単なハードルではありません。世界の目は「アジア=中国」であり、もはや日本の存在感は日本人が感じる以上に下がっているのが現状です。

実体験を踏まえると、相手から積極的にコンタクトしてくれるアメリカ人は、こんな傾向の人たちです。

日本のマンガ・アニメ・ゲームは強い

1. アニメ・マンガ・ゲームが好き

いわゆる”オタク系”と称されがちなジャンルですが、間違いなく日本が誇るべき強力な文化の一つです。

『ドラゴンボール』『ワンピース』といった日本代表格の作品だけではありません。日本で流行っている作品は大きな時差なくアメリカ人の間でも流行ります。

『キングダム』しか購読していない私でしたが、アメリカ人の同僚は「My Hero Academia(僕のヒーローアカデミア)読んでるよ」「One-Punch Man(英語では”ワンパンチマン”と発音)おもしろいよな」「Demon Slayer(鬼滅の刃)は日本語で読んでるの?英語で読んでるの?」など、もはや読んでいる前提で質問してきたことがあります。

チャット友達(女性)は好きな少女マンガを教えてくれたが、もはや全然分からない作品名ばかりが並びます。。


逆に影響されてヒロアカや鬼滅を読み始めたくらいです(しっかり楽しみたいので日本語です)

寿司とラーメンは強い

2. アジアンフードが好き

日本食も私たちが誇るべき文化の一つです。SUSHI(寿司)は言うまでもないですが、RAMEN(ラーメン)もかなり浸透している英語だと思います。

Chicagoに住む人々のほぼ全てが知るであろう日本食スーパー『Mituwa』では、いつも多くの人がフードコートに訪れています(コロナで店内飲食が制限される前)。


「おすすめの日本食店はどこ?」みたいなカジュアルな会話は英語弱者の私にも使いやすいコミュニケーションです。

韓流も強い

コリアンフード、韓国料理

日本の強みではないですが、日本でもおなじみK-POPも興味を集めています。

3. K-POPが好き

心から感銘を受けたのがBTSやBLACKPINKなどのK-POPアイドルの活躍です。

コロナによる在宅勤務中はTVをBGMにしていたのですが、ポピュラーな朝のニュース番組『Good Morning』のアーティストが歌うコーナーでは普通に彼ら・彼女らが歌っています。Grammy賞の催しではアメリカの有名歌手と一緒にパフォーマンスしています。『Late Late Show』など有名なエンタメ番組にも多々登場し一緒に企画をこなし歌を披露しています。

エンターテイメント世界ではトップのアメリカで、東アジア(日本・中国・韓国など)の存在感を大きく高めてくれていると感じ、言葉・文化の壁にもチャレンジし続けるその姿勢には心から尊敬します。


BTDの『Dynamite』はハマりすぎて、仕事中・車中・シャワー中・ワークアウト中と1日中聴き続けています。



日本にいたときは関心がなかった作品やアーティストを、敢えて海外にきてからトライしてみるのもよいかもです。



Thanks!

SNSでシェア!